体脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)を効率よくおとすためには、食事療法(その病気によっても畭なりますが、低カロリー、低塩分、低脂肪が基本でしょう)によるシェイプアップと有酸素運動、筋トレ(最近では、体幹を鍛える体幹トレーニングが特に人気ですね)を併行して行うのがいいかもしれません。どれか1つのみでも、そこそこ体脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)を落とすことはできますが、併用してやるともっと効率が良くなるはずです。最初に、食事療法によってす。1日の必要摂取エネルギーを目安にして、エネルギーオーバーしないように気をつけます。栄養バランス(必要な栄養素を毎日の食事で必要なだけの量摂ることが大切です)が良い食事をできれば回数を分けて取りたいとなっているんです。食事の回数を多くするほど、食事に使用してみる消費するカロリーが増えますし、空腹時間が短くなりますから、体脂肪が落ちやすくなるのです。ただし、くれぐれも一日の必要摂取エネルギーをオーバーしないように注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)しなけれねダメなのです。また、炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります)や糖質を減らして、タンパク質(体の20%を構成しており、不足すると基礎代謝が低下しますし、体調に不具合が生じるでしょう)やビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)、食物繊維(人間が消化できない難消化性成分をいいます)、ミネラル(食べ物や飲み物から摂取するのが理想ですが、不足するようならサプリメントを利用すると手軽です)などを?おおく摂りましょう。間食(高カロリーのものを食べると、夕食が食べられなくなり、栄養が偏ってしまうでしょう)やアルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)の摂取は、極力控えます。理想(近頃では、イメージが現実を変えるという説もあります。まずは自分にとってどうなのかを考えてみるといいかもしれませんね)的なのは、夜の8時以降は何も食さないようにすること。どうしても食べてしまう場合には、炭水化物(重要なエネルギー源の一つで、必要不可欠な栄養素です)や油の多いものは控えて、寝るまでに3時間以上あけましょう。次に、有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)は毎日20分以上行うようにするのです。ウォーキング(健康の促進や体力の増強を目的として歩くことをいいます)が手軽で続けやすいだからって、軽いジョギング(ジョギング愛好家をジョガーと呼ぶこともあります)の方がより効果的なのです。交互に行ってもいいですよ。終りに、筋トレですが、自分が可能でる限界をちょっと超えるくらいの負荷でトレーニング(自分に合った方法を見つけることができれね、継続することもそれほど困難ではなくなるでしょう)を行うのが良いでしょう。。トレーニング(筋肉トレーニングや健康維持のためのエクササイズであれね、継続して行う必要があるでしょう)をする前に、コーヒー(焙煎したコーヒー豆を挽いて粉末にして、お湯や水でその成分を抽出した飲み物です)などでカフェイン(栄養ドリンクにも含まれていることが多いので、成分表記はよく確認した方がいいですね)を摂るとトレーニング(筋肉トレーニングや健康維持のためのエクササイズであれね、継続して行う必要があるでしょう)の効率があがるようですね。プロテイン(健康食品の一種で、粉末状のものを水などで溶いて飲むのが一般的です)やアミノ酸などを利用するのも良いでしょうー